Share on Facebook

今まで参加していただいた方々のアンケートから抜粋しました。(青字は事務局コメントです)

 

「参加してみていかがでしたか?」

  • 大変有意義で勉強させていただきました。報道や写真で目にするのと自分の目で現地で見るのとは全く違い、震災の大きさと被害の深刻さが身にしみて分かりました。(1便)
  • 個人ではいけないし不安・・・という人にボラパックは有効だと思いました。(1便)
  • 参加前のイメージを軽く凌駕する人生に一度しか体験できないような宝物をいただいたような思いです。そして今後どのようにこの体験を活かすかが課題であり希望でもあります。(1便)
  • 1週間の活動をしましたがまだやり残したことが多くあったので、まだまだ行ければ行きたいです。(2便)
「改善すべき点などがありましたら」
  • 現地での活動内容の説明が不十分(第1便だったからか?) 従って現地入りの後にイメージと実際にやることが異なるため不満の声が出る。(1便)
  • 山田町の方々のことを第一に思いますと、引継ぎ期間をできれば2日あればそれまでのグループが築いた基礎を手堅く引き継げると思います。(1便)
  • 運営スタッフとして行くなら、事前に山田町ボラセンの組織図(どういう団体が入っていて「みえ」はどういう立ち位置なのか等)簡単で良いので知っておきたかった。(1便)
  • 自由に使える車があるといいなと思った。(1便)(事務局:5便からチームみえ用のワゴン車が1台、軽ワゴン1台を用意できました)
  • 山田町でも用意できるもの(長靴やゴーグル等)あるのでそれがきちんと次の便に伝わり、足りないものをバスで運んできてほしい(2便)(事務局:山田町災害VCで借りられるものもありますが、数には限りがありますので、基本自分の装備は自分で持参を呼びかけています)
  • 便から便への引き継ぎがうまくいっていないのでもう少し伝え方を考えてほしい。(2便)
  • 帰りの温泉の費用が3000円と聞き驚く人が少なからずいました。文句を言う人はいませんでしたが、費用面は伝えて頂けたら…(2便)
「その他、ご自由に」
  • 被災地はまだまだ多くの支援が必要と思いますので、さらに多くの県民にボラパックへの参加を呼びかける必要があると思います。(1便)
  • 参加された方との絆ができ、今後も大事にしていきたいと思っています。(1便)
  • 復興現場の中で自分の実力のなさに非常に歯がゆい思いをしました。今後のためにもっと実力をつけて行きたいと思います。(1便)
  • いろいろな職種のいろいろな地域の方と知り合い、ボランティアに対する思いはもとより、それぞれの方の考え方などに接し、普段の生活だけでは経験できないものを得ることができ、大変うれしく思っています。それとは裏腹になりますが、各人のボランティアに対する思い入れが強く、ちょっとしたことを決めるのにもミーティング等で多くの時間を費やし、本来求められるスピーディーさに欠け、組織の運営・決定方法については課題があると感じました。(1便)
  • 現地で運営スタッフをさせて頂いて、まだまだ現地で作業するボランティアは少ないと感じました。(2便)