2011年10月10日 17時39分 活動報告
東紀州行き!ボラパック 第16便

日程:10月2日(日)日帰り

参加者:32名(男性16名、女性16名)
行先:紀宝町
活動内容:
個人宅泥出し、掃除、公共施設の掃除等
参加者の感想:
「2回目の参加で気持ちに余裕がありました。前回の地区より被災状況が生々しく感じました。自然の怖さを改めてかみしめます。」
「天気に恵まれ、東紀州は2回目の参加です。今日は紀宝町へ行かせていただきましたがすごい状況でした。役に立つならまた行きます。」
「飛雪の滝キャンプ場のトイレにたまった泥出しをしました。人力ではどうしようもないと思われる広場の砂の堆積物に圧倒されながらも、トイレが少しずつトイレらしくなっていくのはうれしく思いました。リーダーさんが休憩時間に配慮していただいていたので、スムーズに作業できたと思います。」
「21歳まで三重に住んでいました。神奈川からの参加ですが縁のある三重の一大事に少しでもお役にたててうれしいです。」
「一人での参加で不安もありましたが、ボランティアメンバー同士の交流によって楽しく活動できたことがうれしかったです。」
「この地方は高速道路がなく、日帰りで参加するには距離・時間を考えてしまいますが、ボランティアバスがあって助かりました。現地までの往復に時間がかかって実際には短時間しかお手伝いできなかったので申し訳なかったかなぁという気もしますが仕方ないですね。ボランティア組織がしっかりしていてグループのリーダーの指示のもと、スムーズで困ることなく仕事できました。」
「被災地は思ったよりもひどい状況でした。ボランティア活動で片付いたのはほんのわずかなものですが、この小さな1つ1つの積み重ねが大きな力になると信じて、一日働かせていただきました。以前、東日本大震災でボランティアに行ったときは自分の車で現地に行ってきたのに比べバスで連れて行ってもらうのは体力的に楽でしかも楽しくて、よいと思いました。」
「事前に様子を聞いていたものの、やはり目のあたりにすると浅里地区の被災状況には言葉がなかったです。この地区どうなるんだろうというのと、ボランティアにどれだけできるのかという両方でとても複雑な思いでした。」
「日帰りは残念なくらい、あっという間に時間が過ぎてしまった感じです。なかなか参加する機会がなく、今日に至ってしまいましたが、現地を実際に拝見させていただき、いたたまれなくなった気持ちを忘れないよう、今後の様々な活動に活かしていきたいと思いました。」
「前日にメールをいただいたり当日のバスの中でもバスリーダーさんから15便までのまとめや安全面についてお話を伺えたことが、全員無事帰還を促したのだと思います。浅里地区には今日以外にも何度か入っているということで、事前の情報や状況を詳しく把握できたことが大変良かったです。」

CIMG8668
CIMG8666
CIMG8665
CIMG8664
CIMG8663
CIMG8661
CIMG8659
CIMG8656

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes