2018年08月17日 08時37分 | 平成30年7月豪雨 活動報告 災害支援

《みえ発!ボラパック》広島行き 第2便

日程:2018年8月3日~6日
参加者数:32名(男性25名、女性7名)

 

主な活動内容:

 住家の側溝、庭の泥撤去、搬出

 家屋内の食器・棚の搬出、屋内からの泥出し

 空き地に隣接した建物に堆積した土砂撤去、側溝の泥出し

              (天応大浜町、天応大西地区)

 

参加者の声:

・ボランティア活動をさせていただいたのは初めてでした。今までも行こうと思いつつ、一歩を踏み出せずにいましたが、今回のボラパックで参加できたことは自分にとって大変貴重な経験となりました。自分一人ではできないことでも同じ班の人と声掛けし、協力し合うことで少しずつでも復興の一歩になるのかな、と感じました。リーダーさんがボランティアはリレーだと言ってみえて、このバトンをひきつぎ、そして自分もまた受け取れるようにしていきたいと感じました。

 

・初めてボランティアに参加しましたが、すごく良い経験になりました。性別・年齢関係なくグループで助け合いながら活動できたことが素晴らしいです。

 

・床下の土砂の除去では泥が思っていたより重く大変な作業でした。でも片付けたことで住民の方が喜んでくださって、優しくしてくださって本当にうれしかったです。微力でも一人一人がボランティアの活動をすることは復興への近道であり、大切なことだと感じました。

 

・初めは一人で来たこともあり、何ができるか不安で、二日で、二軒回らせて頂きましたが、どちらも少し物足りないところで終わってしまったけど、家主の人が、感謝してくださったので、意味があったのかなと思います。

 

・暑いのは予想していたが、長袖の活動は思ったより暑かった。まだまだ人の手が届いてない場所が多くておどろいた。家の人だけでは片づけきれない(老人の方など)からもっとボランティアが続けてやっていけないといけないと改めて思った。