2018年08月17日 08時36分 | 平成30年7月豪雨 活動報告 災害支援

《みえ発!ボラパック》広島行き 第1便

日程:2018年7月31日~8月3日
参加者数:15名(男性12名、女性3名)

 

主な活動内容:

 天応宮町における住家(建屋周辺、庭等)の泥撤去、搬出

 天応大浜町における土のう・災害廃棄物の集積場への搬出

 天応大西地区における家屋内に流入した土砂撤去

参加者の声:

・実際に被災地の様子を見ることができ、また、ボランティアとして参加することで、自分自身身につくことや考えることが多々ありよかったです。グループでの行動だったため、人の意見や考えを伺う機会があったのもよかったです。

 

・災害が起きた際に自衛隊、行政、ボランティア現地の被災者の方達などさまざまな人達が復興に向けて活動しているのを現場で見れて学ぶことができました。

 

・僕は初めてボランティア活動に参加させてもらって、中学3年で最年少という形でわからないことばかりでしたが、細かくご指導していただいてとてもスムーズに作業することができました。被災者の方々に笑顔が生まれてとても自分自身元気をもらいました。2日共同じ現場で活動させていただいて、やっぱり1人、2人増えるだけで作業が楽になって、やっぱり人間1人1人の大切さと力はそこに尽きるのかなと改めて実感しました。自分は亀山に住んでいて、いつ南海トラフ地震が起きるかわからないので、起きた時は自分が一番冷静になってこれからも生活していきたいと思いました。

 

・参加することでチームワークの大切さだったり、一人一人の役割をそれぞれが考慮し一生懸命作業することが出き大変良い経験になりました。ボランティア活動を常に自分の生活の一部とされている方のお話も聞け、また世代間を超え楽しく語れたし、とても良かったです‼私なんてお役に立てるだろうか?と思われている方がいれば少しの勇気と少しの思いやりがあれば是非参加されたほうが良いです。ひとつの事をきっかけにさらに自分向上につながります。