【情報提供】災害派遣等従事車両証明の発行について

2014年08月27日 20時53分 お知らせ 情報提供

8月16日から17日にかけて降り続いた豪雨により、京都府福知山市や兵庫県丹波市において多数の被害が発生していることに対して、災害救助を行うボランティア活動のために使用する車について、西日本高速道路株式会社等が管理する有料道路の料金無料措置が実施されることになりました。

申請される皆様におきましては、下記の内容をご確認の上、手続きを行って下さい。

※この手続き方法は三重県在住のボランティア希望者が対象です。
※三重県外の方については、下記の1~3までは同じですが、4についてはお住まいの市町村役場・都道府県での提出が必要となります。

 

みえ災害ボランティア支援センターで災害派遣等従事車両証明の申請受付を開始します。(8月29日~)

 

【兵庫県丹波市で活動される場合】

≪手続きの流れ≫

1.「ボランティア活動予定確認書」を丹波市社会福祉協議会・丹波市災害ボランティアセンターからダウンロードし、必要事項を記入する。

2.記入した「ボランティア活動予定確認書」を、丹波市社会福祉協議会・丹波市災害ボランティアセンターに、FAXで送付する。

FAX:0795-74-0992

(着信確認用TEL:0795-74-0999)

3.丹波市社会福祉協議会・丹波市災害ボランティアセンターでの確認が済むと、「ボランティア活動予定確認書」がFAXで返送される。

4.「災害派遣等従事車両証明申請書」に必要事項を記入のうえ、返送された「ボランティア活動予定確認書」を添えて、三重県庁の災害対策課、各地域防災総合事務所(地域活性化局)の地域防災課、あるいはお近くの市役所・町役場等の防災・危機管理課(室)へ提出する。

(「災害派遣等従事車両証明申請書は、窓口で入手するか、こちらからダウンロードできます)

※必ず往復の証明書を発行してもらってください。(料金所ごとに証明書を提出する必要があるため、通過する料金所の数だけ、証明書の発行が必要です。)

※通過する料金所の数は、NEXCO西日本の「料金・経路確認」などでご確認ください。

※丹波市で活動される場合、「春日IC」を利用するのがもっとも便利です。(高速道路の無料措置が適用されるのは、「春日IC」「丹南篠山口IC」「丹波IC」限定です。)

5.災害従事者等車両証明書が発行される。

 

≪注意事項:必ずお読みください≫

●証明書の発行には時間を要しますので、十分の余裕を持って手続きを行ってください。

●紀北町、尾鷲市、熊野市、御浜町、紀宝町などから出発される方で、海山ICや尾鷲北ICなどの無料区間のICを利用される場合は、往路の出発ICおよび復路の最終ICに「大紀本線」と記入してください。

●「丹波IC」を利用される場合は、証明書に記載する区間(IC名)と、証明書を提出する料金所名が異なるので、ご注意ください。(例:津IC→丹波IC)

証明書提出箇所(証明書に記載する区間)

1)篠本線料金所(津IC~千代川IC )

2)八木本線料金所(千代川IC~丹波IC)

 

 

【京都府福知山市で活動される場合】

京都府社会福祉協議会・京都府災害ボランティアセンターから、福知山市では、団体ボランティアの新規受付を8月26日(火)に終了し、個人ボランティアについても、8月28日(木)以降は福知山市在住の方のみを受付けるとの情報提供がありました。そのため、京都府福知山市での活動をお考えの方は、現地での活動が可能かどうか、事前に十分ご確認ください。

 

≪手続きの流れ≫

1.「ボランティア活動予定確認書」を京都府社会福祉協議会・京都府災害ボランティアセンターからダウンロードし、必要事項を記入する。

2.記入した「ボランティア活動予定確認書」を、京都府社会福祉協議会・京都府災害ボランティアセンターに、FAXあるいはメールで送付する。

FAX:075-252-6310

メール:kyovola18@yahoo.co.jp

(着信確認用TEL:075-254-8815)

3.京都府社会福祉協議会・京都府災害ボランティアセンターでの確認が済むと、「ボランティア活動予定確認書」がFAXまたはメールで返送される。

4.「災害派遣等従事車両証明申請書」に必要事項を記入のうえ、返送された「ボランティア活動予定確認書」を添えて、三重県庁の災害対策課、各地域防災総合事務所(地域活性化局)の地域防災課、あるいはお近くの市役所・町役場等の防災・危機管理課(室)へ提出する。

(「災害派遣等従事車両証明申請書は、窓口で入手するか、こちらからダウンロードできます)

※必ず往復の証明書を発行してもらってください。(料金所ごとに証明書を提出する必要があるため、通過する料金所の数だけ、証明書の発行が必要です。)

※通過する料金所の数は、NEXCO西日本の「料金・経路確認」などでご確認ください。

※福知山市で活動される場合、「福知山IC」を利用するのがもっとも便利です。(高速道路の無料措置が適用されるのは、「福知山IC」「綾部IC」「丹波IC」限定です。)

5.災害従事者等車両証明書が発行される。

 

≪注意事項:必ずお読みください≫

●証明書の発行には時間を要しますので、十分の余裕を持って手続きを行ってください。

●紀北町、尾鷲市、熊野市、御浜町、紀宝町などから出発される方で、海山ICや尾鷲北ICなどの無料区間のICを利用される場合は、往路の出発ICおよび復路の最終ICに「大紀本線」と記入してください。

●「丹波IC」を利用される場合は、証明書に記載する区間(IC名)と、証明書を提出する料金所名が異なるので、ご注意ください。(例:津IC→丹波IC)

証明書提出箇所(証明書に記載する区間)

1)篠本線料金所(津IC~千代川IC )

2)八木本線料金所(千代川IC~丹波IC)

 

 

【広島県広島市で活動される場合】

広島県危機管理監危機管理課より、災害ボランティアの受付については、当面は広島県内からのボランティアのみ受付けるとの情報提供がありました。そのため、広島県広島市で活動する場合の、災害派遣等従事車両証明の発行手続きについては、その方法の掲載を見送らせていただきます。

今後の、広島県外からのボランティアの受入れについては、広島市災害ボランティア本部のホームページ等でご確認ください。

県外ボランティアのボランティアの募集開始等の情報が入りましたら、災害派遣等従事車両証明の発行手続きについても、情報提供を開始します。