Share on Facebook

Img_1670
Img_1671
Img_1673
Img_1674

開催報告:
日時:平成25年10月19日(土)午後1時30分~4時
場所:紀北町社会福祉会館
講師:狩野 英夫氏(岩手県山田町在住、避難所運営を経験)
ボラ活動報告者:2名
参加者:36名

うちアンケート提出:29名

以下、アンケートより
1.参加者の年齢別
 10代  0名    20代  2名    30代  1名
 40代  4名    50代  7名    60代 15名

2.性別

 男性  12名
 女性  17名

3.所属している機関・団体名 (該当するものに○)*複数に○あり

 自治会役員 2名    消防団・自主防災組織 2名    防災ボランティア・防災NPO 0名
 ボラパック参加者 2名    行政職員 6名    社協職員 6名    市民活動センター職員 0名
 特に所属なし 4名    その他 8名(内:みえ防災コーディネーター 1名)     無記入 2名

4.第一部 狩野 英夫氏(基調講演)について

 とても良かった:23  まあまあ良し:5  あまり良くない:0   良くなかった:0  無記入:1
感想(一部抜粋)
・避難所での生活はニュースを見るだけでは想像しづらいことだったが、今回の講演を聞いてイメージがよくできた。
・想像を絶する災害に対する緊急体制作りの困難さは、話の端々にうかがえた。本地においての状況を考える時、死者ゼロと云う町長の言葉とその困難さは筆絶し難い。狩野さんのご苦労と、人柄に頭が下がる思いがする。
・避難所の名簿作り、地域ごとの班づくりの大切さを知りました。食事づくりもお年寄りはおかゆを食べさせたという事でしたが心くばりの大切さも知りました。
・地震、即津波が来る事。私の家も海から50mと近いのでお話を聞かせていただき、とても参考になりました。地震が来ると何をしてよいか、何を持ったらいいのか全然行動に移せなかったです。
・実際に被災された方のお話なので、ついつい話しに引きこまれてしまい、本当にこの地域にこのような災害が起こった場合を考えてとても恐くなってしまい、人というのは、いざという時は皆協力しあいすごい力が出せるのだなあと感じました。

第二部 (1)ボランティア経験者による報告

 とても良かった:22  まあまあ良し:3  あまり良くない:0  良くなかった:0  無記入:4
感想(一部抜粋)
・井谷さんの話を聞いて、ボランティアもいろいろな仕方があるということが初めて知りました。力仕事だけではないんですね。小山さんの話から災害が起きてからではなく、災害を想定して日頃の訓練、勉強、準備が大切だと改めて感じました。
・自分も半年後に大槌町に支援に入ったり、紀宝町のボラセンの活動をさせて頂いたが、自分が経験できない事を知る機会となり、学びが深まった。発表者が感じたままを話して頂けたことで各々の方々の感じ方を知ることができて良かった。
・“ボランティア”という存在は自分にとってある種、かまえてしまう存在でしたが、自分にとって気持ちを前向きに保てば、伝わることがわかりました。非常に有意義でした。
・実際に体験されたことを話して頂いて、真実味があり、参考になりました。小山さんが話してくれた山田町の方の様子はとてもよかったです。ボランティアにも謙虚さが大切と感じました。小山さんの最後の話…「センターにはこれなくても各々の地区でコーディネーターの役割を果たしてくれていた」…良い話でした。
・井谷氏のエネルギーと情熱には頭が下がる思いです。今後とも、発想力にみがきをかけ、今後とも頑張ってほしい。小山氏のボランティアの組織の立ち上げの早さに、当町も学ばなければならない。一層の体制づくりが必要であると思う。