Share on Facebook

1
2
3
4
5
6
7
8

開催報告:

日時:平成25年10月6日(日)13時30分~16時

場所:長島輪中図書館
講師:大宮好子さん(山田町在住 仮設団地区長)
ボラ活動報告者:2名
参加者:32名
うちアンケート提出:21名

以下、アンケートより

1.参加者の年齢別
10代 0名    20代 0名    30代 0名
40代 4名    50代 5名    60代以上 12名

2.性別

男性 11名 女性  10名

3.所属している機関・団体名 (該当するものに○)*複数に○あり

自治会役員 1名   消防団・自主防災組織 1名   防災ボランティア・防災NPO 4名
ボラパック参加者 1名   行政職員 3名   社協職員 0名   市活セ職員 0名
特に所属なし 5名   その他 7名(内:みえ防災コーディネーター)

4.第一部 大宮 好子氏(基調講演) 

とても良かった:15   まあまあ良し:6   あまり良くない:0   良くなかった:0
感想(一部抜粋)
・大変に辛い思い出を語って下さり、ありがたかった。身ひとつで、津波てんでんこに逃げることの大切さを知った。
・実際に地震、津波にあわれた方のお話は身につまされた。
・実際に体験された方から、直接お話を伺え、ずいぶん辛い体験をされたのに、今は明るく、周囲の方々に接して居られる事、素晴らしいと思いました。
・人柄の良さがにじみでていて、こちらが元気をもらえました。
・被災者から直接、話しをきいたのははじめて。先生達の話しより、良かった。
・自身、身内の話が多く、周囲、山田町の話を、もう少し聞きたいと思った。

第二部 (1)ボランティア経験者による報告

とても良かった:12   まあまあ良し:   4 あまり良くない:1   良くなかった:0
感想(一部抜粋)
・気づきがあった。
・興味はあったけど、「ボラパック」参加しておけばよかったです。してなかったので。
・私には、とても災害ボラは無理・・・と思っておりましたが、体力が無くても出来る事があるんだと、わかりました。
・現地の子ども達の様子がよく分かった。
・災害ボランティアのイメージが、かわりました。
・参加された方が、出会いとつながりを強く感じたと話されたことが、印象的だった。
・ドロかき以外の仕事もあることが判った。
・今まで物的ボランティアのみ思っていたが、精神的ボランティアも加えて、なにができるか勉強していきたい。

第二部 (2)フリーディスカッション

とても良かった:9   まあまあ良し:7   あまり良くない:1    良くなかった:0
感想(一部抜粋)
・思いを発表してもらった。
・もっと話をききたかった。
・個々の話し合いの中で、時間がない。
・皆さん、素晴らしい方々ばかりで、圧倒されました。
・いろいろな話が聞けて、良かった。
・きちんと自分の考えをもった方々の意見を聞かさせていただけ、とても有意義な時をもたせていただけ、ありがたく思いました。
・それぞれの参加者が、今までやったこと、やれることを話し合えた。