お知らせ 2013年09月20日 20時33分
Share on Facebook

平成25年9月15日から各県に被害のあった台風18号に対して、みえ災害ボランティア支援センターの動きについて報告します(9/19 21:00現在)

三重県内は、伊賀市で被害があったため、常設型伊賀市災害ボランティアセンターが災害時対応を始め、18~19日に被害の大きい三田地区サテライトセンターを設置して支援活動を行いました。

19日夕方にはニーズも収束したため撤収しました。今後は伊賀市社会福祉協議会内の事務所で個別に連絡があったニーズへの対応を行っていくとのことです。

みえ災害ボランティア支援センターは、この伊賀市災害ボランティアセンターの後方支援を行っておりましたが、県内の活動の目処がたったため、近隣県(滋賀県、福井県、京都府)の広域センターと連絡を取り合い、今週末の3連休後の広域支援の必要性を調査しました。

(3連休までは募集期間も短く、また関西圏から多くのボランティアが集まることが想定されるため、ボランティアが減ると想定される平日でのボランティア募集の要否を検討)

その結果、

 ・滋賀県:主に県内(市内)のボランティアで対応できる様子
 ・福井県:今週末3連休まででおおむねの収束を目指す
 ・京都府:9月中を予定するが、兵庫や新潟などからボランティアバスの申し出も多くあり、
      今のところニーズ量とボランティア申し出数が釣り合う様子
とのことで、9月19日夜時点では、みえ災害ボランティア支援センターとしてバスを企画する状況には至っていないと判断しました。

とはいえ、福井や京都のボランティアセンターではこの3連休も広くボランティアを募集しています。

みえ災害ボランティア支援センターでも、個人で参加される方が参加しやすい様に三重から募集している各センターへの行程案や各センターの状況を発信していく予定です。
個人で、または、各市町等のグループ単位で復旧支援ボランティアに参加したい、という方は、現地の情報を確認して、(特に10名以上など団体で参加される場合は)事前に参加予定数などを活動予定のボラセンに一報を入れて現地に駆けてください。

※三重県内・近隣府県の災害ボランティアセンター設置およびボランティア募集状況は こちら