お知らせ 山田町から 2012年09月09日 19時04分
Share on Facebook

山田の人たちが心待ちにしているイベントが、もうすぐやってきます。

「山田八幡宮例大祭」「大杉神社例大祭」、まとめて「山田祭」です。

昨年は震災の影響があり、規模を縮小しておこなわれました。

(その時の様子はこちら

けれど、今年は違います。

例年通り、つまり震災前と同じように、国道を閉鎖して神輿や郷土芸能が練り歩きます。

そんな中、山田町の一画で、お祭用の山車を制作している方々を見かけました。

「愛宕青年会 八木節」のみなさんです。

以前使用していた山車は震災で失われ、今年新たに制作中とのことでした。

「今作っている山車に派手さはないけれど、木目の美しさを見てほしい」と、同団体の代表。

確かにきらびやかな装飾はありませんが、それでもどっしりとした看板(?)に、木目が強調された屋根…

素材が持つ美しさを存分に引き出した山車です。

9月15日・16日・17日に行われる奉納では、この山車を中心に、なんと120名もの踊り手が八木節を踊り、町を練り歩きます。

勇壮で知られる山田町のお祭、当日は存分に堪能したいと思います。

 

(現地班 外舘)

 


タグ: