活動報告 2012年09月02日 17時54分
Share on Facebook

みえ発!ボラパックⅡ 第13便活動報告
日程:2012年8月24日~8月27日
参加者数:36名
団体→うたおに 36名(男性16名、女性20名)

主な活動内容:岩手県山田町でのボランティア活動

団体:山田町の合唱団(泉の会・山田町民合唱団)との合同音楽会(公民館)

参加者の声:

「初めは不安でしたが、迎えて下さった山田町の方々があたたかく明るくそしてすばらしい歌声で、不安が吹き飛びましたし、参加して良かったと心から思います。昨年はテレビで何度も震災の映像が流れ何も出来ない自分が情けなかったですが、今回このような機会を頂き、自分が唯一出来る歌うことで少しでも役立つことが出来てとても嬉しく思っています。「復興は進んでいないんだな・・・ということが分かった事」も来てみないと分からない事だったので、この目で見る事が出来たので、三重に帰り皆に伝えたいと思います。」
「はじめは歌がメインのボランティアはアリなのかと不安でしたが、一緒に音楽会を開催できて本当によかった。ボランティアに対する考え方が変わった。」
「参加しなければわからないことがたくさんあった。山田町にはまだまだ支援が必要なのだということがわかった。」
「時間をかけてでも行くべき活動だと思いました。」
「現地を、現実を見る、聞く、という貴重な体験をさせて頂きました。自分が行って、何か意味があるのかな、と思っていたのですが、たくさんの人に聞いてもらって、楽しかったと言ってもらえたことが一番かな、と思いました。これからもずっと、できることを考えていきたいと思います。」
「今回、山田町の方々との合唱交流ということで、どんな音楽会になるだろうと思っていましたが、本当に感動的な音楽会になり、私達の方が元気をいただいた様に感じるくらいでした。山田町の方々の前向きな姿勢に感動しました。」
「終演後の交流の時間が欲しい。歌い終わった後が、一番話したい想いにあふれる時間なので交流事業という趣旨からすれば、貴重な時間を割いてしまったのではないかと思います。」
■まなびの時間について
「山田町の現況などをとても分かりやすく、また一生懸命に話していただき大変な事が起こり、そしてまだ今だにそれが続いているんだな…と改めて思いました。今回話して頂いた事をなるべく沢山の人に話したいと思っています。そして自分も忘れない様にします。」
「様々な報道等で知っているつもりでいたことも、直接経験をされた方からのお話しをきくと、まさに知識でしかなかったことを実感しました。」
「テレビや新聞ではわからない「リアル」を感じました。話してくださった人にとって、話すたびに思い出すのは、もしかしたら辛いことかもしれないですよね…。聞いたことを、こんどは自分で伝えられたらいいと思います。」
「保育園長さんから色々とお話を伺い、改めて震災の状況、その後の様子等を知り、復興はまだまだなんだと感じました。「まなびの時間」はとても大切な時間でした。」