お知らせ 県内イベント 2012年08月29日 14時17分
Share on Facebook

平成24年度三重県・鈴鹿市総合防災訓練は、住民参加による防災力の向上及び地域住民と防災関係機関等相互の連携強化を目的に実施します。

1 主 催

三重県、鈴鹿市、三重県消防長会

2 実施日時

  平成24年9月2日(日)
  第1部  8時00分 ~  9時30分
  第2部 10時00分 ~ 12時30分

3 実施場所

第1部:鈴鹿市 天名地区
第2部:三重県消防学校(鈴鹿市石薬師町452番地)
  
4 被害想定
 平成24年9月2日(日)午前8時00分、南海トラフを震源とした、マグニチュード9.0の海溝型地震が発生し、県内の市町は震度5弱以上の地震動にみまわれた。
 鈴鹿市においては、震度6強の揺れを観測し、多くの負傷者、家屋倒壊、道路の損壊、電気、ガス、水道等のライフラインの寸断等、甚大な被害が発生している模様である。
 気象庁は、同日午前8時03分に伊勢湾・三河湾に津波警報を発表した。鈴鹿市内沿岸部への津波の到達予想時刻及び高さは、午前9時10分頃に50cm、午前10時40分頃に最大波250cmになるとの予想である。

5 訓練概要

(1)第1部:住民避難訓練
(2)第2部:防災力強化訓練
       ・地域住民体験型訓練
       ・地域住民、防災関係機関が連携した総合防災訓練

6 訓練参加機関

 企業・団体等、医療関係機関、救助関係機関、指定公共機関、行政機関等 87機関

7 訓練の中止(当日午前6時に中止の決定を行います。)

(1)訓練当日県内に震度5弱以上の地震が観測され、三重県災害対策本部が継続している場合
(2)訓練当日鈴鹿市地内で震度4以上の地震が観測され、鈴鹿市災害対策本部が継続している場合
(3)三重県沿岸部に「津波注意報」または「津波警報」が発表されている場合
(4)東海地震に関する情報(調査情報(臨時)、注意情報及び予知情報)警戒宣言が発表されている場合
(5)県内に「大雨」、「洪水」、「暴風」「高潮」警報等が発表され、三重県災害対策本部が設置されて
   いる場合
(6)気象警報が解除された後でも、三重県又は鈴鹿市災害対策本部が継続している場合
(7)その他、知事が訓練中止を適当であると判断した場合

参考:チラシ

※みえ災害ボランティア支援センター幹事団体(みえ防災市民会議、みえNPOネットワークセンター、三重県ボランティア連絡協議会、日本赤十字社三重県支部、三重県社会福祉協議会、三重県)は、鈴鹿市ボランティア連絡協議会、鈴鹿市社会福祉協議会と協働で【現地災害ボランティアセンター運営訓練】を行います。

災害時のボランティアセンターの雰囲気や、ボランティア体験、ボランティアに依頼できる業務を学びます。
(屋内訓練場エリア・10:00~12:00)
タグ: