活動報告 2012年05月02日 15時05分
Share on Facebook

みえ発!ボラパックII 第2便活動報告

日程:2012年4月27日~4月30日

参加者数:20名

 団体→こころネット 9名(男性1名、女性8名)
     小春日和  3名(男性2名、女性1名)
 個人→8名(男性5名、女性3名)

主な活動内容:岩手県山田町でのボランティア活動

 団体(こころネット)→大人も子どももわくわく広場(仮設住宅談話室、公共施設)
    (小春日和)→ギター&えほん・ハーブカフェ(仮設住宅談話室)
 個人→ハンドマッサージ体験(仮設住宅集会所)、畑の再建
※今便では上記活動の他、28日の夜に宿泊施設に山田町住民の方をお招きし、被災当時の様子などをお聴きしました。

参加者の声:

【団体参加】
「最初は自分が役に立つのかという思いがありましたが、寄り添って話を聞いているだけで喜んでいただけたのでとても良かったです。また、現地を見て、聞いて、感じられて大変良かったです。この体験を知人や友人達に話していきたいと思います。」
「こんな短い期間で何か役に立てるんだろうかと思っていました。今でも、立てていたのか?!とは思いますが、昨日、今日と違う会場でも来てくれていた子たちが、明日は来ないの?と言ってくれて、「また来るから」と言葉を返し、その思いを新たにすることができました。」
「個人ボラの方、他の団体の方とも交流でき、社協の方、みえボラの方のお世話、心配りもあり、初めての参加でしたが、スムーズに楽しく活動できました。ありがとうございました。」
「子ども達のフォーマルな部分での礼儀正しさと少しだけ羽目をはずした部分の子どもらしさに触れ、大変愛しく切なく嬉しくもありました。」
「アンケート集約の作業もさせてもらえてよかったです。自分たちの企画だけでなく、山田町の方のニーズと私たちの特性と関連させてもらった活動をさせてもらえて、違う側面から関わらせてもらえてよかったです。」

【個人参加】

「昨年5月の2便に参加させて頂いてまた山田町に行きたいと思っていて今回参加させて頂くことができ、ありがとうございました。現地で直接被災者の方とお話しさせて頂き、前向きに明るく振舞われている人の心の中にもさみしさや不安、津波の恐怖などが色濃く残っているのが垣間見られました。涙を流される方もみえました。これからも継続して様々な形で支援をさせて頂きたいと思います。」
「岩手県、東北に行ったことは初めてでしたがここでの災害ボランティアができてよかったです。不安もありましたが現地のスタッフの支えと被災された方々の笑顔に元気づけられ頑張ることができました。ここでの経験をもとに私自身も勉学や課外活動に関わっていきたいと思います。」
「参加して良かったです。初め不安もありましたがみえボラスタッフの皆さん、現地スタッフの皆さん、参加者の皆さんにたくさん支えて頂いたので不安やさみしさもすぐなくなりました。一人で行くより様々な志を持った方とご一緒できたことで、色んな考え方や想いや支援のかたちを知ることができました。三重ボラパックⅡに参加しないとできなかった経験ばかりです。ありがとうございました。」