情報提供 2012年03月16日 13時41分
Share on Facebook

 震災や原発事故は、太平洋岸沿いで起きましたが、それぞれの町に住んでいた普通の人々の生活の上に起きたということ。それは、福島県ではテレビのニュースより、もっとリアルにそこに存在しています。
三重県が被災地となった時、支援者も被災者であるという状況の下では、公的機関、NPO等民間団体も含めた総力戦になります。
そこで、本セミナーでは、福島県内で避難所・仮設住宅での支援、電話相談の立ち上げなど、様々な女性の相談支援に関わり続けてきた支援者からその活動報告を行います。東日本大震災での対応例を学ぶことで、支援力向上を図る機会としていただきたいと思っています。
■日時
平成24年3月21日(水)13:30~16:00

■会場

三重県総合文化センター内 三重県文化会館 2階 大会議室(津市一身田上津部田1234)

■講師

女性の自立を応援する会 丹羽麻子さん ほか

■対象

相談支援等をされてみえる方

■募集人員

70名

■参加費

無料 ※託児あり

■応募方法

 電話、FaxまたはE-mailで、氏名・所属・連絡先(Tel・E-mail)・託児希望の有無を連絡。
■問いあわせ先
三重県生活・文化部男女共同参画・NPO室(男女共同参画G)
電話番号 : 059-224-2225  Fax : 059-224-3069
E-mail : iris@pref.mie.jp
ホームページ : http://www.pref.mie.jp/CHALLENGE/
ダウンロード:
0321社会参画セミナーちらし (PDF)