情報提供 県内イベント 2012年03月15日 15時57分
Share on Facebook

近い将来、大震災の発生が予想される東海地方。
安心して暮らせるまち「まつさか」をめざして、イザという時、助け合える地域「ひと」づくり、「絆」づくりを考えます。
「出会い ふれあい 支え合いのまち松阪」 みんなで語り合う防災フォーラム
期日: 2012年3月16日(金) 15:00 開場 (申込み不要)
場所: 松阪コミュニティ文化センター (松阪市川井町690 [地図] )
内容: 
 <第1部 (15:00~18:15) >
  防災交流広場 (自由に参加し交流する広場です)

 <第2部 (18:30~21:00)>

  シンポジウム ふれあいトーク (語り合おう地域の絆づくり)
   コーディネーター 李 仁鉄さん    
   シンポジスト 川端 伸哉さん (岩手県大槌町社会福祉協議会 総務課係長)
               ~ 被災体験から学び、松阪の人々に伝えたいこと ~
   シンポジスト 川本 健太郎さん (関西学院大学人間福祉学部 特任助教)
               ~ ボランティア活動の意義、気付き、共感、そして期待 ~
   シンポジスト 小林 益久さん (松阪市副市長)
              ~ リスク分散のまち「まつさか」を! ~
   シンポジスト 堀切 貴子さん (三重県紀宝町社会福祉協議会 事務局次長)
              ~ 人々はあの時どう動いたか? ”地域の絆を深めるために” ~
主催: 松阪市、松阪市社会福祉協議会