山田町から 活動報告 2012年03月14日 12時06分
Share on Facebook

東日本大震災から1年がたちました。
この日 山田町はとても静かな朝を迎え、朝方ふった雪も少しずつとけ始めた頃、お花を持ってお参りに行く人の姿も見え始めました。

山田町公民館では 山田町犠牲者1周年追悼式が行われました。

正面の受付には三重県桑名から届けられた、連鶴の千羽鶴が飾られました。(左右計10束)

また山田町内の御蔵山では鎮魂の鐘の除幕式が行われ、鐘の音が町に鳴り響いていました。

式典後は一般の方も鐘を鳴らしていました。

鎮魂の鐘 動画(音量注意)

復興の鐘(クリックで始まります)

また同敷地内では被災にあった山田町駅舎上の大時計を見ることが出来ます。

この日は小雪がちらつく静かな1日で、町全体が粛々と時を刻んでいるような感じを受けました。

これからまた1年が始まります。

(山田町スタッフ 佐藤)


タグ: