お知らせ 2012年02月24日 18時10分
Share on Facebook

1月8日~1月22日にアスト津にて行われた「東日本大震災写真展」に寄せられたアンケートの集計結果を掲載いたします。

アンケート総数: 41

※ アンケートへの記入は来場者の任意であり、総数は来場者の数ではありません。

写真展に関して

1.今回の写真展をどのように知りましたか?(複数回答可)
みえ災害ボランティア支援センターのホームページ、ツイッターまたはニュースメール15
それ以外のホームページ1
通りがかり13
チラシ4
友人・知人の誘い6
その他 (新聞、FM三重、子ども会)7

2.今回の写真展で何が良かったですか?(複数回答可)

写真19
現地スタッフの解説18
震災の映像8
展示資料4
その他2

3.今回の写真展の感想を自由にお書きください。

  • 写真を体験した方の解説で見ることでテレビより状況がよくわかった
  • 現地で支援させていただいたことを思い出し、これからも出来る支援を継続したいとの思いを強く抱いた。
  • 震災の恐ろしさを身を持って実感しました。逆境の中前向きに頑張ってみえる皆様に心が痛みます。
  • 昨年3月11日の大震災を今さらに実感しました。
  • 大変よく写してありますので、大変良かったと思います。
  • ボラパック参加以降、情報収集しているつもりだったが、まだまだ知らないことが多く、勉強になった。
  • 写真解説を聞く予定ではなかったが、話を聞いているうちに自分が作業したところの震災直後の状態がわかり、いくつかのことを学ぶことができました。ありがとうございました。
  • 災害の恐ろしさを改めて感じました。
  • 常にどこかに展示して、忘れないようにいつでも誰でも見れるようにすればいいと思う。
  • 詳しく解説していただきよかったです。もっと最後まできけたらよかったのですが…
  • 孫が大学入試を終えたばかりに、自分のことのように率先して3回も(他グループ共)行ってくれたのは私にはほこりに思う
  • 6便でボランティアさせて頂きました。またいつか山田町へ行きたいです。
  • 多くの方に見せて頂きたい。
  • 私がボランティアに行かせていただいた9月は、もうガレキがほぼ片づいている状態でした。写真展で、震災当時の状況がわかり、もう少し早い段階で行った方が良かったのか…考えてしまいました。難しいですね。
  • 詳しい説明が聞けたし、自分が山田町に行っていたので、位置関係もよくわかってよかった。三重にわざわざ佐藤さんが来て説明していただき、それが特によかったです。
  • 改めて震災の被害の大きさを感じました。
  • 現地スタッフ佐藤さんから被災時の様子を写真と共に聞かせていただいくことができてよかったです。実際にボランティア活動をした地でもあり、自分の活動、以前の写真を見ることができたのも、いろいろ感じるところがありました。震災から10カ月、改めて東日本大震災のことを忘れない風化させないようにしていかなければ、と思います。
  • 災害があったことを忘れないと改めて考えさせられました。
  • 被災の大変さが少しでも分かりました。
  • 今回の大震災の被害の大きさを改めて実感しました。ボランティアに行かれた方のあたたかさに感動しました。
  • 見にきてよかったです。あの時の様子が生々しい。
  • 私は小さい子供がいて、ボランティアに現地に行けず、心苦しい思いがありました。たくさんの三重の方々が行ってくださったことを知り、同県民としてうれしく、ありがたく思いました。
  • おどろきの写真でした。
  • 毎日ラジオから聴く災害の情報の中、私は何が出来る?の問いに答えるすべがなく今日まで日が経った。今の生き方の中、この大きな出来事を自分の中の何になっていくのか、もう一度、ここに来て感じていく時間を過ごしたいと思った。
  • もっとだれでも目につくような場所でできればいいと思います。今回の場所はたずねにくいです。それともっと宣伝を!!
ボランティア活動に関して
1.東日本大震災に関して何か支援活動をしたことがありますか?
みえ災害ボランティア支援センターのボランティアバス(みえ発!ボラパック)に参加14
被災地でのボランティア活動4
県内で東日本大震災に関するボランティアに参加3
物資支援5
義援金・支援金を募金した28
義援金・支援金の募金を集めた6
支援したことはない2
その他4

2.今後、被災地でのボランティア活動に参加したいですか?

短期(4日以内)で参加したい14
長期(5日以上)で参加したい11
参加したくない・できない8
その他7

3.震災から約10ヶ月、今後被災地でどんな活動(支援)があればいいと思いますか?

  • 継続的な様々なボランティア活動
  • 精神面のケア
  • 被災地の方々とより密接に関われる活動が必要と思う。
  • 「恐らくは長期の経済支援が必要」というあいまいなことしか思い浮かばないです。
  • 被災地のニーズに沿った活動。
  • 求められていることを情報としてどんどん発信してほしいです。できることをどんどんしていきたいです。
  • できるだけがれきをなくしてきれいな町にする!
  • 個人的にやりたい事 伊勢うどんをぜひ山田町の人に食べてほしい 伊勢うどんの炊き出しをやりたい
  • 生活に必要な道具をあげる
  • お金を募金したい
  • その人の事を考えて今やるべき事をする
  • ご老人や障害者の方の精神的な支援。仕事に関する支援。いろんな人達が、笑顔になる支援。
  • 被災地が望む支援 被災地が元気になれる支援
  • 住居関係の充実
  • 特産品の紹介や購買の支援
  • 救援物資
  • 現地に出向いて要望をリアルタイムで聞いてできることを行い、また、現地で見て感じた必要な支援を行うのがいいのでは。
  • 復興支援
  • 長期の支援
  • 被災者の必要とする作業で活動もしたいし、今は被災地で手に入りにくい物を送っています。(カレンダー、湯タンポ、使い捨てカイロ等)