山田町から 2011年12月20日 19時09分
Share on Facebook

12月17日(土)、東日本大震災の津波により被災したわかき保育園の、
仮園舎・旧タブの木荘にて行われた生活発表会にお招きいただきました。

みえボラ継続活動である「えほんの読み聞かせ」ニーズを中心に、

毎週月曜日にお伺いしていたわかき保育園。
特に思い入れ深く持っているみえボラさんも多いことと思いますので、代表して報告させていただきます^^*

太鼓に始まり、ダンスに、劇に、合奏に、うたに16人の園児たちの奮闘する姿が愛らしく、ご家族・地域の方々の笑顔に包まれ、胸に沁みるひと時でした。

舞踊劇の演目は、この日のために、

みえボラでも毎週欠かさず読み聞かせをしていた『おむすびころりん』。

かっこいいおじいさんを筆頭に、かわいいおばあさん、
おむすびさん、ねずみさんたちが勢ぞろいして、めでたしめでたし。

サプライズで、アンパンマンとバイキンマンも登場!!!

最後には、毎週一緒に歌った『にじ』、そして『どんとこい』。

園児たちからの「ありがとう」の言葉に、涙あふれる感動でした。

試行錯誤をくりかえし活動してくれた約30名のみえボラさん、

いつも手厚く迎えてくださった先生方、
園児からもらったたくさんの元気に、改めて感謝の想いを実感しました。

読み聞かせ活動をご支援・ご協力くださった皆様に、心よりお礼申し上げます。

(事務局スタッフ 松岡)


タグ: