情報提供 県内イベント 2011年12月07日 14時25分
Share on Facebook

県立図書館フォーラム「3.11から未来へ」 対談 植島啓司×鷲田清一

哲学と宗教学の第一人者の対談から、こころの復興を考えます。

■日時 

平成24年1月9日(月曜・祝日)14時から16時まで

■会場 

三重県総合文化センター フレンテみえ多目的ホール
(津市一身田上津部田1234)

■内容 

  ・三重県立図書館改革実行計画 平成23年度報告
  ・対談「3.11から未来へ」
    植島啓司氏(宗教人類学者)
    鷲田清一氏(哲学者)

■参加費 

無料

■定員 

先着400名(申し込み制)

■申し込み先

  三重県立図書館「フォーラム」係
   電話 059-233-1182
   ファックス 059-233-1191
   電子メール mie-lib@library.pref.mie.jp
   窓口 三重県立図書館カウンター
   パソコン・携帯電話 三重県電子申請の申し込みフォームから

■開催体制

  主催 三重県立図書館  
  共催 三重県教育委員会、三重県生涯学習センター

■その他

  小さなお子様もご同伴いただけるように、会場の親子室をご用意します。

●出演者について

・植島啓司(うえしまけいじ)
 1947年東京都生まれ。東京大学卒業。東京大学大学院人文科学研究科(宗教学専攻)博士課程修了。シカ
 ゴ大学大学院に留学後、ニューヨークのThe New School for Social Research 客員教授、関西大学教授、
 人間総合科学大学教授などを歴任。著書に『聖地の想像力』、『偶然のチカラ』、『世界遺産 神々の眠る
 熊野を歩く』、『熊野 神と仏』、『心コレクション』等。
・鷲田清一(わしだきよかず)
 1949年京都市生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。関西大学教授、大阪大学教授、大阪大学大学院文学研
 究科長・文学部長、同理事・副学長、大阪大学総長を経て、2011年9月より大谷大学文学部教授。主な著書
 に、『モードの迷宮』(サントリー学芸賞)、『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞)、『悲鳴をあげ
 る身体』、『夢のもつれ』等。2004年紫綬褒章

詳しくは三重県立図書館のホームページをご覧ください。