活動報告 2011年11月12日 13時58分
Share on Facebook

みえ発!ボラパック 第33便

日程:2011年10月22日~10月29日

参加者数:13名(男性10名、女性3名)
主な活動内容:岩手県山田町での災害ボランティア活動
参加者の声:
「あまりにも静かな海原と荒涼とした陸地の対比に何とも言えない大きなショックを受けた。そんな状態の中で復興に向けて力強く歩む地元の皆さんにお会いし、人間の力強さを感じ明日への希望を得た。完全な復興には長い時間と大きなエネルギーが必要な様は安易に想像出来る事から今後も支援の継続が必要だと思う。」
「今回、リーダーをやらせていただきましたが、全員が班長をそれぞれやっていただき、班長の仕事を確実に行ってもらい、その指示のもと全員の方が自己管理をきっちりとやっていただき、体調、ケガの面もなにもなく、無事に終了し感謝しています。」
「申込みをした時は、本当にやっていけるのか不安はありましたが、同じ33便の皆さんに助けて頂いて、8日間を終える事ができました。被災地の姿には驚きましたが、この小さなボランティアが、復興につながってくれる事を祈っています。」
「1人でも多くの方に参加してもらうために工夫するべきだ。とくに若年層に負担のかからないように荷物はボラセンが負荷するべきだ。」
「今回、班長を固定せず、ニーズ毎に班長をやっていただいたが、やってみて、その人その人が自分の能力を発揮され、このやり方の方が良かったと思いました。」
「今回(33便)のクルーの皆さん、大変お世話になり、ありがとう御座居ました。 お陰で、8日間気持ち良く活動する事が出来ました。」
「60代以上の方がすごく元気で本当にすべてに熟年パワーが出てたいへんビックリしました。 若い人とのコンビネーションも良く、たいへん素晴らしいチームでした。」
「これからの自分の生きてゆくかて(糧)となりました。 ありがとうございました。お世話になりました。」