お知らせ 2011年11月02日 00時52分
Share on Facebook

みえ災害ボランティア支援センターの取り組みにたくさんのご支援をいただいており、本当にありがとうございます。
 

【みえ発!ボラパック】は、みなさんのご参加・ご支援により、4月28日に出発した第1便より11月12日に出発予定の第36便まで、8月の一期間を除き息長く継続して運行することができ、 岩手県山田町で活動した”みえボラ”はのべ600名を超えました。

発災から間もなく8か月、町は避難所が閉鎖され、被災建物の解体が進み、商業施設の再開など、少しずつ復興への歩みを進めており、 ”みえボラ”が活動してきた瓦礫の撤去や物資の搬入など、一般的な災害ボランティア活動のニーズは収束しつつあります。

また、これから東北は厳しい冬を迎えます。それにより行き帰りの道中が雪で通行できなくなったり、山田町B&G武道場を生活拠点としながらの活動は難しくなることも考えられます。
以上のことから、みえ災害ボランティア支援センターは【みえ発!ボラパック】の運行を第36便をもって一旦休止といたします。
しかし、岩手県山田町でのボランティアのニーズは無くなったのではなく、むしろこれからが本番だと考えています。
今後は、冬の間、そして来年度に向けて、【みえ発!ボラパック】のノウハウを活かしつつ、被災された方々により寄り添う取り組みを検討し、実施していきます。

具体的には、仮設住宅や多目的施設での文化活動など息長く寄り添える取り組みを、山田町の方々と共に企画していきたいと考えています。

詳細についてはホームページ等で随時お知らせします。
みえ災害ボランティア支援センター 事務局