活動報告 2011年10月11日 14時03分
Share on Facebook

みえ発!ボラパック 第26便

日程:2011年9月6日~9月12日

参加者数:17名(男性11名、女性6名)
主な活動内容:岩手県山田町での災害ボランティア活動
参加者の声:
「ガレキ撤去、保育園訪問、物資の搬入など様々な活動ができて充実していた。特に保育園訪問で、山田町の方々と交流できたのは収穫だった。」
「とても楽しく活動できた。メンバーとも仲良くなれたし、いい経験ができてあっという間の一週間だった。地元の方と話す機会もあったけど、こっちの方が元気をもらってしまいました。」
「実際に活動していく中で、何日か経って疲れてきたときに「がんばろう山田町」とか「がんばろう日本」という言葉だけをみても全然パワーがでなかった。応援する「だけ」でなく、実際に動き、原地に行くことの重要性を痛感した。」
「映像だけでなく現場に伺い、見て現状を見えたことに対して貴重な機会を得たと思っています。後、現地の方々が津波等で何もかも失ったのに、元気で笑顔いっぱいであり(特にお母さん方)、私のつたない作業でもお礼を言っていただき、逆に元気やがんばらねばという気持ちになりました。」
「初めて災害ボランティアに参加して不安だったけど、誰かが教えてくれたりしたので、特くケガもなく終ることができた。まだまだ山田町含め、東北でボランティアができることが多いので、このボラパックがもっともっと続いていってほしいです。まだやりきれてないのでまた行きたいと思いました。」
「今回のボラパックで山田町の人達のパワフルさにおどろき、逆に自分が励まされました。こんな整った環境で活動に専念できたのも。みえボラスタッフのみなさんのおかげです。本当に感謝しています。」
「地元の方が一度も「つらい」「つかれた」と言わなかった。それは、うしろばっかりみていられない!!前に進まねば。という気持ちからかもしれないが、でも、あの山田町の人々の元気な姿、笑顔を見たとき、この町は必ず震災以前よりもパワーアップして復活する。そう強く確信しました。」

16 土嚢がこんなに集まりました
15 借りた道具の最終チェック
14 終了前の片付け
13 危険がないか見守っています
12 最終日の作業開始
11 作業前に道具を借ります
10 27便との対面式
09 真剣にミーティング中
08 伊勢ボラの方々と集合写真
07 物資を搬出します
06 支援物資を運びます
05 菜園を造っています
04 現地ボラセン前で集合写真
03 みんなでミーティング
02 側溝も清掃します
01 作業前の現場確認